よかれと思って大惨事

よかれと思って大惨事

感情と思考の供養

OK、俺が結婚を克服してやるよ

昔は全然"人恋しい"なんて思わず、むしろそんなことを言うやつは人間強度が低い未熟者だとすら思っていた。一人を享受できない人間が、人生を活きられるわけがない。一人を徹底的に貫かん!圧倒的一人!それこそが正!拗らせてると言われればそれまでだけれど、それでも心底そう思っていた。確信していた。

だから、その僕が"人恋しい"という感情を覚え、それだけでなく一定間隔でそれに襲われることに、強度が弱くなっている。と感じるのは当然だし、驚くよりも辟易とする。という表現が正しいように思う。

 

さて、この状況を完膚なきなでに打開しよう。これを誰かに埋めてもらおうなんて、とんだ、唾棄すべき都合主義。人間強度が聞いて呆れる。しかしこの感覚をなかったことにできるほど鈍感でもない。そうなれば。感情を押さえ込むには理由、理屈が必要だ。本能を否定するには理性。僕が心底平伏し、一人がつらい。と思うことを「恥ずべき!なんと愚劣極まるか!」と罵倒し、一旦下げておいて「お前ほど素晴らしい人間を介さない世の中なぞ気にするな」と飴で甘いあまいしてくれる俺が必要なのだ。

 

それでは僕を操る俺のために、いくつか理屈を提示してみよう。「不意に結婚したくなる男」なぞというものが、データと確固たる意思から結婚など不要だと思い直すための、平穏を取り戻すために。

 

news.mynavi.jp

 

首都圏、関西在住の20〜36歳に回答をもらったこの記事によると、

女性の結婚したい理由(897名)

1位.子供が欲しいから(15%)

2位.家族・家庭を持ちたいから(11%)

3位.寂しいから(8%)

安心・安定したいから、友達の結婚に刺激されたからと続くらしい。

 

男性の結婚したい理由(477名)

1位.寂しいから(13%)

2位.家庭・家族を持ちたいから(7%)

3位.子供が欲しいから(6%)

友達の結婚に刺激されたから、安心・安定したいからと続く。

 

なるほど、男女ともに大体似たような項目が並んでいるわけだ。

データを見ると、大体上位3つは同じ理由が独占している。男性の場合はそのトップが『寂しいから』。つまり、だ。僕はこの3つを克服、とりわけ寂しいからという理由を克服してしまえば、この感覚に苛まれることもなくなるというわけだ。なんだ、簡単じゃねえか。

……あれ?僕のこの"人恋しい"って、もしかして寂しさ由来じゃない?

OK、つまり、一人が寂しいと思うってことは、一人が充実してないってことだ。充実しちまえば、忙しい時に余計なことを考えられなくなるのと同様、寂しい人恋しいなんてことを考える暇がなくなっちまうって寸法だ。息もつけないほど充実してしまえばいいのか。僕は書くのも好きだし、本や漫画、ネットの記事を読むのも好きだ。家には40冊くらい読んでいない本が僕を待っているし、アニメや映画もまだまだ見たいのがある。音楽だって好きだ。iTunesには1万曲くらいは入っているし、ライブだって一人でも行く。一人でふらりと旅行だってする。これらをやっているときには全く寂しくない。よって僕の理論は完璧。そう、人恋しいなんて気のせいだったんだ。単なる勘違い。シュールレアリズム。最後のは違う。

 

さて、いよいよ大詰め。

彼女欲しいとか結婚したいと思うタイミング(複数回答可)。というのも書かれてあったのですが、

1位.クリスマス前後(45.6%)

2位.街でカップルや家族が幸せそうにしているのを見たとき(37.4%)

3位.結婚式に列席したとき(30.3%)

以下、友人の結婚が決まったとき、クリスマスやバレンタインなどのイベントのときと続く。

 

これは余裕。楽勝で克服できる。つまり、「クリスマスやバレンタインなどのイベントには一切関わらず、家族が幸せそうにしているのは単純に喜び、結婚式は友達がいないので呼ばれることもないし問題ない」ということだ。ここら辺にさえ近づかなければいいってことだ。簡単すぎて涙が出るぜ。前だけ見ても何も見えない。

 

www.therootless.com

 

 

おまけ。

なぜ結婚できないのかという理由

1位.出会いが全然ない 52.7%

2位.低収入/雇用が不安定だから 36%

3位.1人でいる方が自由で気楽だから 33.2%

 

うん〜〜わかるぅぅ〜〜怖いくらいちょ〜わかるぅぅ〜〜〜!!!

私ぃ〜、年収200万だしぃ〜、あっ、ブログで年収800万だから合計1000万だけどww

出会いないしぃ〜でもでもやっぱり1人って自由でいいんpぉきじゅhytgrふぇd!!

 

これがただのブサイク非モテ貧乏人の僻み根性丸出し記事に見えている君。そうじゃないんだ。安心してくれ。僕は、いや、我々は!ついに!!結婚を!!克服したのだ!!

窓を開けて外を見たまえ!!さっきよりも世界は優しい色をしているはずだ!

それだけで!我々にはそれだけで十分だろう!

 

嘆くほどじゃない。一人も悪くない。