よかれと思って大惨事

よかれと思って大惨事

感情と思考の供養

あなたについて何処までも

もーもたろさん ももたろさん お腰に付けた きびだんご ひっとつー わたしにくださいなー

 

どうもこんばんはどうも、僕です。

のっけからみんな大好き、とっとこ桃太郎のテーマソングを口ずさんでしまいました。

というのも来週一週間、また講習会で兵庫県に行くことになりまして。前回はいい機会とばかりに鳥取、それも砂丘を中心に攻めたのは記憶に新しいことですが、今度もいい機会とばかりにどこぞに旅行してみようかと思っておりまして。

方方見聞録・兵庫&鳥取1 - よかれと思って大惨事

方方見聞録・兵庫&鳥取2 - よかれと思って大惨事

 

出張の楽しみって名産品とか食べ物じゃなくて、それにかこつけた旅行ですよね。旅行といっても気晴らしで、自分探しとかそういうのはあり得ないですからね。そういうやつは探したまま一生を終えるからね。

さて、冒頭に戻って。今回は岡山県を攻め落としてみようかなと思っていたら、無意識に桃太郎を大熱唱してしまったというわけですよ。岡山といえば、最近au御中のCMでもお馴染み桃太郎。桃太郎といえばきびだんご。岡山ではぜひ年上豊満美女にきびだんごをいただき、宜しくそのまま家来になってしまいたいところですが岡山のアラサーの豊満美女の皆様、ごきげんよう。いかがお過ごしでしょうか。愛しています。

 

閑話休題

今週末はなんでも仙台市博物館和歌山県高野山の仏像が来るということで、遠路はるばる仙台に拝見しに行ってきたんですよ。弘法も筆の誤りでお馴染みの空海が開いたという高野山ですね。そこには国宝の童子像とか明王像とか、明王と見紛う五大力観音菩薩の掛け軸とかありまして、非常に楽しめました。なかでも運慶作の制多伽童子や清浄比丘童子は一際精巧だった。玉眼と呼ばれる仏像の眼に水晶をはめる技法があるんですが、それも相まってまるで眼差しが生きているというか、表情の肉感が現実味を増して、眼が合ったまま足が釘付けになるくらいの力強さでした。

 

そのあと2年振りに、友人Dと日本三大名瀑と公言している秋保大滝に行ってきました(三大名瀑については調べると諸説あるみたいですが)。2年前には友人Dと友人Dの彼女Mと行ったんですけど、彼女Mの証言によると、ちょうど2年前の海の日に当時付き合っていた彼女と別れた僕が、半ベソかきながら秋保大滝に単身突撃し、川底の藻に足を滑らせ、岩で足の裏を切って出血し、いよいよ全ベソかいていたらしいんですよ。まぁここまでで相当みっともないことに失笑していることと存じますが、今年はその続きがあるんです。

今年は2年経ち少しオトナになったので、滝への単身突撃はやめて浅瀬に足を突っ込み涼を取りながらばちゃばちゃやっていたんですよ。マイナスイオンを全身に浴びて。パワースポッツの恩恵にあやかろうと。

んで20分も遊んで、よしそろそろ帰ろうかと後方にいる友人Dのところへ歩き出したら、胸ポケットに入れていたサングラスが突然滝の方に単身突撃せんと身を乗り出したわけです。そして川の流れに乗ってどんぶらこ、どんぶらこと行方知れずになってしまいましたとさ。

まったくどうして僕はこうも。パワースポッツの恩恵ってのは一体なんなんだ。

 

月末はフジロック参戦のため、新潟の苗場に行きます。そのためにはできればサングラスが欲しいです。

繰り返しになりますが、来週末は岡山へ行きます。宮城から流れてきた僕のサングラスがどんぶらこと岡山に流れ着いていてくれたら、僕こと洗濯するお婆さんはすっと拾い上げ、サングラスをおもむろにかけてサングラス太郎として社会の鬼たちをばったばったとなぎ倒していくのにね。そして金銀財宝と年上豊満美女を得、彼女のご両親と仕合わせにくらしましたとさ。

めでたしめでたし。