よかれと思って大惨事

方方見聞録・滋賀1

今月は発狂して、虎になってしまうのではないかというくらい忙殺されており、なかなか書く時間と気力がなかった。多くの人が1年の振り返りや記事のまとめをされているが、振り返ろうにもほとんど記憶がないので、通常通り書いていこうと思う。

先日、社用で名古屋に行った際、その忙しさと公私共にろくなことがない生活にいよいよ嫌気が指し、現実逃避がてら私用で滋賀を回遊してきた。もうしばらく前であるからほとんど曖昧な記憶になってしまったけれど、ここでもろくなことがなかった。これを話すような人間関係もないので、見聞録として吐き出しがてら記していきたい。

 そもそもなぜ滋賀に行ったのか。今まで社用で何度も名古屋に行っていたのだが、いつも持病のホームシックが発症してしまい、泣きながら新幹線に飛び乗るばかりだった。

休みは家の中にこもっているから、仕事で名古屋に行くのならついでに遠出をしてみようかと思い立った。名古屋は僕の食指が伸びるところがあまりなく、近場の京都は日数を確保して改めて行きたかった。結局、近場でなかなか行かないだろうところに行こうと思い立ち、滋賀に決まったという次第。

前置きが長くなった。

 

 

16日(金)

前日は4時まで飲んでいたこともあり、研修は白目をむきながらもなんとか終えることができた。

終わってから、最高の同期と最高の飯へ。最高の同期は一人ずついなくなってしまい、今では半分以下になってしまった。誰がいなくなったのかはよく覚えていないし、彼らのその後も知らない。最高の同期との最高の絆は、そんな小さなことを気にしないものなのだ。

何人かは1泊2日という日程にもかかわらずホームシックで震える手を抑え、目を血走らせながら走って帰ってしまったので、6人で名古屋名物味噌カツへ。多分うまかった。あんまり覚えていない。

クリスマスに浮かれる地下街を抜け、みんなを見送る。どうやら名古屋にもクリスマスという風習があるらしい。道路交通法はないのに。名古屋出身の同期は「道路に白線を引いただけだから」と言っていた。体育祭感覚なのだろう。安全運転をいう競技を導入してはいかがだろうか。

送り届けて、僕は駅前のホテルへ。2500円。どうです、破格でしょう。面白半分で予約したのだけれど、入って驚いた。1階が居酒屋。まあうるさい。しかも部屋の壁も薄く、申し訳程度にある受付のすぐ横であったから、終始話し声が終始聞こえてくる。シャワー、トイレは共用。正直気持ちが悪かった。

頼りない鍵を開けると、室内はすぐベッド。傍に小さいテーブルと椅子。刑務所の間取りを想像してみてほしい。プリズンブレイクでも、ショーシャンクの空にでも。ほぼそれで間違いない。

小さい窓があったのだけれど、外がすぐ名古屋のドヤ街なので、ガンガン雄叫びと女の高笑いがひっきりなしに聞こえてくる。おそらく世紀末なのだろう。荷物に肩パッドとモヒカンを用意していなかったので、気の小さい僕は気後れして、うすら寒い部屋の中で小刻みに震えながら三島由紀夫レター教室を読んでいた。

 

f:id:da_shinta:20161230230658j:plain

 同期は何人か連れ去られてしまった。是非返してほしい。

 

すぐに寝て、次の日に。長くなりそうなので、次の日以降は次の記事で書いていこうと思う。

金ノ屈卮

 

空洞が広くなっている。

寂しいとは多分、少し違う。

 

 

出かけがてら久々にポケモンGOを起動したが、すぐにやめてしまった。携帯をポケットに入れ、不意に小学校の頃を思い出す。僕から少し上の年代までは恐らくポケモン直球ど真ん中の世代で。およそ20年前、御多分に洩れず僕も周りの友人たちと初代のグリーンにどっぷりはまっていた。

 

いつだったか、シナリオをクリアしてしまって、あとは自己満足の域に入り、いよいよ飽きを覚え始めた頃だったと思う。幻のポケモン「ミュウ」を出す裏技というものを、近所に住んでいたお兄さんにやってもらったことがある。

お兄さんはなんだか道具を入れ換えたりデパートを行ったり来たりして、まるで波動拳でも出すんじゃないかってくらい、ボタンをカチャカチャ鳴らしているのをぼんやり眺めていた。甲斐虚しく、残念ながら裏技は失敗してしまって、「けつばん」という、姿かたちのない、名前すらわけのわからないポケモンを召喚してしまうことになった。

けつばん」の副作用なのか、はたまた幻のポケモンを手に入れようという傲慢さがミュウの怒りに触れたのか。その後、集めたジムのバッチが少しずつなくなるという怪奇現象に見舞われることとなった。

*1

バッチは今まで集めた順番と関係なく、ランダムに失われていった。

これの厄介なところは、一つ前のジムのバッジがないと、次のジムリーダーに戦いを挑むことができず、更にその街のジムバッジがないと街から出られなくなってしまうことだった。そして前の街のバッジをなくして、更に今いる街のバッジも無くなってしまって、とうとうどうすることもできなくなってしまった。

ゲームボーイの中の主人公は陸の孤島となった街を右往左往し、戦う相手もすることもないまま、無為に彷徨っていて、僕はそれを歯がゆく操作しているうちに、飽きも手伝ってなす術なく諦めてしまった。

 

 

もともと友人が多くなかったが、それでも振り返ってみると何人かはいた。

ここ何年かで、喧嘩や環境の違いから、少しずつ、少しずつ友人は減っていった。

まるであの時のバッジのように。

一人で新宿御苑を彷徨いながら、それをどうにか取り返したいと思うのと同様に、僕を操作しているヤツが、諦め気味に大仰に溜め息をつきながら頭の中に話しかけてくる。

「花ニ嵐ノ例ヘモアルゾ」

すれ違う人たちをぼんやり眺めながら、もう何も落とすまいと必死にポケットに手を突っ込んでいた。

*1:街ごとに一つあるジムと呼ばれるところでリーダーに戦いを挑み、勝つとバッジがもらえて、次の街へ進める通行手形のようなもの

脳内彼女で大惨事

ここ数年くらい、むちゃくちゃね、探してるんですよ。あれー??って。おかしいなーつって。一応ね、まぁないとは、ないとは思うんだけれども、机の中も、鞄の中もね、探したんですけれど。やっぱりない。わかってたけどね。だって机の中とか鞄の中から見つかったら怖いもん。ちょっと大丈夫なの?これ本当に大丈夫なの?おかーさーん!これ鞄の中から出てきたけどー!!大丈夫なのー!?ってなるし。すごい確認しちゃうもん。そんなところから出てきたら。でもどこにもないのも変だなーって。夢の中まで見てみたんですけれどもね。ないんです。どこいったんだろ、僕の人間関係。あ、辛うじてあったようなものも、ほとんどなくなっちゃったのか。

 

そこで僕はひらめくわけですよ、パッとね。頭の回転は速いと上司にも言われるほどですから。ないなら作っちゃえばいいじゃんって。人間関係なんてDIY感覚でサクサクッと作っちゃおうと。

そして、どうせ作るなら彼女を。と。DIY感覚で。ないとアレだし、さ〜つくっか~。みたいに。

 

レシピは父上が昔、怪我して痛がっている僕に「痛いと思うから痛いんだ」と言ったのを思い出したので、これを使います。つまり、これは逆説的に、『彼女がいると思えばいる』ということにもなるわけですよ。『記憶は妄想に変わる』のならば、また逆もあって然り。『妄想は記憶に変わる』ということです。これだと彼女がいたという記憶だけになってしまうということになりますけど、細かいことは気にしない。寂しいからそんなことは見えない。泣いているから。

 

ということで、彼女がいると思い、生活してみたわけです。ある種の人体実験です。これが成功すれば、僕の乾ききった生活に、彼女という潤いを導入できるわけですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 姿形はリアリティをもたせて想定済み。もう最高に可愛いんですよ。表情とか。たまんねぇんだよ。ずっと見ていたくなる。コーヒーでも飲みながら、ぼんやり眺めていたい。読書していた彼女に「ねえ、なに見てんの」とちょっと不機嫌に言われたい。

 

その彼女と我がセミダブルベッドで寝るわけです。そこそこいいセミダブルです。それで僕は可愛い可愛い彼女を優しく抱きしめてしまうわけです。

んで気付くわけですな。これ枕だと。なんかおっさんみたいな臭いするし。

加えて思い出すわけですな。父上は「痛いと思うから痛いんだ」と言ったけど、僕は「痛いから痛いと思うんだ!!」って半べそで言い返したことを。

結局彼女はできなかったし、僕の寂しさは深みを増したわけです。幼少の頃、父上に反論したことは間違ってなかったんだ。寂しさがアメリカンからエスプレッソに一気に増したぼくは、妄想の精度上げないと。とポロポロこぼれる涙を拭いながら思うわけです。

 

よかれと思って雨に唄えば

おい!要求通り買ってきたぞ!娘は!娘は無事返してくれるんだろうな!


今日のTOKYOは晴れ間の見える曇りでした。
最近秋らしく突き抜けるような気持ちのいい晴れが続いたので、これはこれでいい天気だと思ったんですよ。気温は少し肌寒いくらい。北の方では雪が降ってきたとは思えないくらいの過ごしやすさで、眉間にしわを寄せつつのんびりと出勤。メールをチェックしてから異動の挨拶も兼ねてお客さんのところへ顔出しにいったんです。シャレオツでナウで、ナウでなんかこう、地下鉄でもサングラスしているような人がたくさんいて、いかにもな感じでジャケットを肩に乗っけてちっさい犬に服を着せて散歩している人がはびこる街、麻布へ。

 

田舎者気質の抜けない僕がビクつくような都会、多分格好いいんだろうよく分からないけど。ここらを堂々と歩ける人が羨ましい。なんでジャケットに袖を通さねえんだ袖を引き千切って差し上げましょうかコノヤロー。引き千切った袖で新しい服をこさえて差し上げようかしら。そしてこの時期にサングラス?スティーヴィー・ワンダーか?鈴木雅之か?オシャレはわからん、"あえてはずす"みたいなやつが特にわからん。そんな感じで最先端のオシャレに怯えながらお客さんの所にたどり着いて、受付のハーフっぽいお綺麗なチャンネーにいつも通り鼻の下を伸ばして。担当の方にお礼とご挨拶をしてにこやかに客先を後にしてから、オシャンティー・シティ麻布を少しぶらついて時間をつぶしました。


ここまでは完璧だと思っていたし、相変わらずまったく仕事したくないからこのまま帰ってしまいたかった。最悪、定時まで適当に散歩して時間を潰そうかと思ったんだけど、異動の引き継ぎもあったのでひとまず会社の最寄駅へと移動して。会社に戻りたくない最後の抵抗で、近くのコンビニへ入る。コンビニに寄ったのはサボる以外にもう一つ理由があって、傘を探していたからです。

僕は傘が嫌いで、持たずに家を出ては出先でビニール傘を買って
傘を持って出て行っては無くしてしまうようなラブリー&チャーミング人間なんですけど、今回は自分用じゃなくて地方に住む友人に傘を頼まれたんです。
むしろ、それを探すのがメインでコンビニに寄りました。

こんな感じの。

f:id:da_shinta:20161117234058j:plain

 

まあ!なんて可愛いんだ!僕にぴったりだぁぁ〜〜!
うわぁ〜い!これで年上豊満美女にモテまくること間違い無しだ!
よーし!ヒモになって優しく養ってもらうぞぉ〜!
お小遣いちょ〜だい!エヘヘ!


そんなことを考えながら疲れ切ったオッサンが、ディズニーの傘を買うわけですね。レジはおばちゃんと若いチャンネーの2人。どう考えてもおばちゃんのレジで買いたい。若いチャンネーはなんか恥ずかしいから。まあどっちにしろ僕が出て行った後に「見た?あの気持ち悪い男、ディズニーの傘買って行ったわよ。私ペイントボール投げそうになったわ〜」みたいなことで盛り上がることは目に見えているけど、それでもどちらかといえばおばちゃんの方が、僕のダメージが少ない気がする。若さは往々にして凶器になるから。

しかしおばちゃんのレジは空かない。

会社の近くなのでコンビニに長居しているところ、ましてや可愛らしい傘を持っているところを会社の人に見られたくなくて、泣く泣くチャンネーのレジへ。

ここで、傘の柄を拡大しましょう

f:id:da_shinta:20161117234157j:plain

うん、やっぱり可愛い。僕が持っていたら事件性を疑われそうなくらい。 

 

レジへ恐る恐る出すと、オネーチャンは二度見した挙句、小声で「ビニール、お取りしますか…?」と聞いてくれました。不審者だと思ったのかな?僕と喋りたくなかったのかな?ん?まあ逆の立場でもそうするけど。僕はなるべく怪しまれないよう、力の限り爽やかに「ハハハ、いや何、大丈夫ですよ!」と言ったんだけどチャンネーはずっと下を見たままだった。下に何かあるのかな?アリの行列かな?僕はその時、なぜか監視カメラを睨みつけていました。涙目で。


まるでエッチなビデオを真面目な映画で挟んでレジに持っていく高校生みたいに、この可愛らしい傘を練り梅3袋で挟んで、いや確かに隠しきれてなかったどころか傘買ったおまけみたいでしたけど、とりあえず挟んで買ったので、会社に帰って練り梅食べながら見積もりを作りました。口の中を何度も何度も噛んで、そうしたらバケツをひっくり返したように涙があふれてきました。こんな可愛い傘では多分防げないくらいの大粒の血の涙が。


帰りの電車ではいよいよ隠せないので、必死にキラキラした柄の部分を男らしく持ちながら、頭の中で(これは娘にせがまれて仕方なく…これは娘にせがまれて…これは…)と設定しているうちになんだか本当に娘にあげる気がしてきて、愛着が湧いてきた。
…いや……これは夢じゃなく……娘にあげるために買ってきたんじゃなかったか…?
いや、絶対そうだ!そうなんだ!これは年上豊満美女と僕の間に生まれた5歳の娘のために買ってきたんだ!!
そうだ、そっちが現実だったんだ!このパラレルワールドから早く抜け出さなきゃ!
そして僕は妻である年上豊満美女のヒモだから、明日は会社に行かなくていいいいいいいいいいあああああああああああおおおおじちゃあんとぅらあああいいいいい!!!
寝る!!

 

そんな感じで

初めましての方もお久しぶりの方も、どうも鈴木です。

はてなに引っ越しです。

僕は8年という、小学生もいつの間にか思春期突入してしまうくらいの、それはそれは長い時間を費やし、人目につかないように愚にもつかないお駄文を、1年分くらい書いてきました。

1年分。すごい響きですね。

この前、暇をもて余して。もて余してというか、仕事したくなくて。

上司の目を盗んで、それらの記事を遡って読んでいくという、何重にも怖いもの知らずの試みをした際に

案の定、精神が物の見事に爆散しまして。

そしてその精神を集めると願いがひとつ叶うということが、まあ、諸般の事情によってわかりまして。

ほんじゃあこれは集めるしかないな、と。

世界中を旅して散らばった汚い7つの精神をなんやかんや集めて、召喚した神々しい龍に

「オラのブログを消してくれー!!」

と叫んだところ、「前のは鍵かけて、新しく始めればいいだろう」と冷静に、もうそれはそれは冷静に返されて涙目になっていたところ

一緒に旅をしていたヘンタイ豚がギャルのパンティーが欲しいなんていうから、またもや僕の汚い精神は7つになって世界に散らばってしまったわけですけれど。

ギャルのパンティーで涙を拭いて、龍のアドバイスを実践しようと。全然涙を吸わなかったけど。

そもそもギャルのパンティーってなんだろうか。


そういう流れで、今度は毒にも薬にもならないくらいのお駄文を書いていくつもりです。

そしていい機会なので、残飯を綺麗に皿に盛り付ける、もとい前のブログで少しでも使えそうなものは加筆修正して使いまわす予定です。

加筆修正というと、なんだかかっこいいな…

 

諸々の設定に戸惑っているのと、デザインもほとんど見られていないので、そこいらは徐々に変えていきたいと思います。

電車の移動時間や待ち時間のお暇潰しに、ぜひ。

まずは最初なんで、そんな感じでどうでしょう。

これから宜しくおねがーしゃーっす。